目指せしなやか
エンジニア

高専女子フォーラム参加学生の声

学生

2012高専女子フォーラムin関西

国立高等専門学校機構の主催で行われた高専女子フォーラムは、高専女子の実力を社会に向けて発信することを目的とし、専門教育や研究内容、学生生活、課外活動での活躍などを高専女子が自ら、来場した企業関係者や女子中学生に向けてポスター発表する場です。奈良高専でしなやかエンジニア教育プログラムを受講する1年生の6名がこれに参加し、発表を行いました。彼女たちの発表を終えた後の思いを紹介します。

 

「楽しかったです!しなやかエンジニア教育プログラムでやってきたことに間違いはなかったと感じています。仲間と協力して私たちの活動を発信することは、とてもプラスになりました。この機会を与えてくれたことに本当に感謝です!ただ、発表の仕方や聴講者目線の発表という点では,まだまだ成長しないといけないと思いました。来年はいろんなコンテストに参加するつもりなので、この経験を生かしたいと思いました」
(情報工学科1年生)

「相手によって表現を変える発表の工夫が必要でした。何度も繰り返すうちに、自分の言葉で伝えられるようになりました。自分達の行っていることを発信することができたのでよかったです。企業の方からのお話で、女性にしかない感性などが必要とされていることが分かり、今参加してるしなやかは将来に生かせると感じました。しなやかの講義などを通してもっと成長したいです。またこのような機会があれば参加したいです」
(電気工学科1年生)

「ポスターの制作は大変でしたが、意見を出し合いながら進める難しさを知れてよかったです。発表当日は不安や緊張がありましたが、アドバイスや激励の言葉をたくさんもらい、だんだん自信がついて楽しくなりました。自分達の活動をしっかりアピール出来たと思います。また、働く女性エンジニアの姿を直接見て、自分の将来をイメージすることが出来ました。これからもこういう場に参加し、自分の能力向上に繋げたいです」
(物質化学工学科1年生)

「夜遅くまでポスター作成や発表練習を頑張っていた時は、来年はもういいかな…と思いましたが、発表で人に自分の思いが伝わる嬉しさを実感し、充実した1日を過ごせたので、また参加したいと思いました。高専女子をアピールし、自分の夢を堂々と語れる良い機会でした。また、企業の女性の方のお話を聞いて、女性エンジニアってかっこいいなと改めて思いました。将来は、エンジニアのリーダーとしてみんなを牽引できる女性を目指したいです」
(物質化学工学科1年生)

「人前で話すのが苦手なので不安でしたが、本番では学んだことやこれからのことを発信することが出来て嬉しかったです。褒め言葉や「頑張ってね」と声を掛けてもらい、やる気をいただいたので、もっと積極的に頑張ろうと思います。自分の知らない技術について知れたことも面白かったです。最近は、新婚旅行の有給制度や、企業にも部活動があって、充実しているなと思いました。将来どんな企業で働くのか、今から楽しみです」
(物質化学工学科1年生)

記事一覧に戻る

ページの先頭に戻る